3040



死にます。

若年孤独死

真夏の出来事

真夏の出来事

またか。
管理会社に連絡があったときに、受付をしていた彼は、一言、そう呟いたそうです。
滋賀県大津市のとあるマンションの一室を大家さんに頼んで開けてもらうと
視界を完全に覆う黒い虫の大群が、自分のところへ向かって、
襲いかかってきたとのこと。
よく見ると…
その虫の正体は
“コバエ”
部屋に漂う強烈な死臭がマスク等を全くせずに入った
管理人たちの臭覚を破壊。
部屋で亡くなっていたのは、40歳独身男性で、すでに死後、
3週間は経過していた模様。腐乱した遺体から流れ出た体液は、
畳を貫通し、その下の床にまで到達。
その悲痛な痕跡を露わにしていました。
これは何もたまたまの出来事ではなく、
この方が不運だったから起こったことではありません。
これは決して、他人事ではないのです。
明日は我が身です。

孤独死の実態

孤独死の実態

もしかすると、あなたは、
「孤独死」というのは、
80歳を遠に超えた退職20年を過ぎて、伴侶にも先立たれ、
一人孤独に老後を過ごしている
独居老人だけがなるものだと思っているかもしれませんが・・・
実は、今、孤独死は何も高齢者だけの問題ではなく、
むしろ、若者の方が多くなってきており、
誰にも助けを求められず、
誰にも見取られることなく、
家で一人虚しく息を引き取り、
相当間、放置されているような、
悲惨な孤独な死を迎えている人が
日本中で後を絶たないのです。

孤独死VS癌

ニッセイ基礎研究所の調査によると、
男性女性に関わらず、
何と現在、1時間に3人が孤独死しており、
すでに、その数は、
年間3万人を超えていて、
この確率、更に独身者の比率は、
どんどん毎年、上がっています。
このまま行くと、
独身者の2人に1人は
孤独死になる可能性があり、
癌の死亡率とさほど、変わらなくなっていきます。

今すぐ出来る、あなたの孤独死数チェック

ぜひチェックしてみて下さい。
あなたが孤独死する可能性を「孤独死数」で診断します。

あなたの孤独死数チェック

孤独死を確実に避けるために

孤独死を確実に避けるために

もちろん、孤独死は、誰もが100%なるものではなく、
ちゃんと防ぐ方法が存在します。
癌治療のように、抗がん剤や、放射線治療といった、
お金と時間がかかる荒療治ではなく、
それよりも
ずっと簡単で、
今すぐにでもできることです。
孤独死を回避する方法。
それはー
バランスの良い食事をとって、
睡眠時間をちゃんと確保し、
きちんとしたリズムで、
「健全な生活」を毎日、送ることです。

あなたが今できること

あなたが今できること

その「健全な生活」を送ることが一番難しいと、
人によっては感じるかもしれませんが、
これは何も大変なことではなく、
普段の意識付けにより誰でも今すぐできることです。
「いつもと違うパンツを履くこと」
は難しいですか?
「いつもと違うレストランに行くこと」
は、それほど大変でしょうか?
ちょっとした気持ちの持ちようで
何とでも変えられることだと思います。
時間もお金も一切、かかりません。
自分次第で何とでも
できることです。

私たちが
全面バックアップします。

私たちが全面バックアップします

でも、きっと一人では難しいと感じる方も多いと思いますし、心細い、不安だという声もあると思います。
そこでこの度、プロジェクトとして、全面、バックアップすることにしました。

孤独死を回避し、
明るい未来を共に歩みましょう!

こんなことを感じている方に
  • 今、まさに持病に悩んでいる
  • 孤独に耐えられないことがある
  • 将来の不安がある
  • 閉鎖的な暮らしをしている
  • 周りに信頼できる人がいない

滋賀県だけで見つかる、
あなたの結婚相手。

詳しく見る 草津市シティセールス認定

草津市シティセールス認定 わたしたちは、草津市の少子化対策に協力しています。